意外!?中国の航空会社の機内食はおいしい?

●日本の感覚よりも少..

意外!?中国の航空会社の機内食はおいしい?

●日本の感覚よりも少し辛い味付け

日本で東京と大阪ではうどんのだしが違うといわれます。東京だと少し濃く大阪だと薄く感じるかもしれません。関東地方は少し濃いめなので辛いと感じることもあるでしょう。中国の航空会社の機内食では洋食が一般的に出されます。ただし現地で作られた料理なのでそれなりに現地の味付けが施されています。ですから日本人からすると少し辛いと感じるかもしれません。塩辛いのではなく唐からしなどの辛味です。食べられないほどではありません。

●上位のクラスだと和食を選べることがある

日本の航空会社なら洋食と和食が選べることがあります。日本人しか和食を選ばないわけではなく外国人も和食を選ぶことがあります。世界で人気のメニューといえそうです。中国の会社の場合は機内食は通常は洋食になります。そして上級のクラスの場合にはそれ以外の食事を選ぶことができます。和食も選ぶことができます。あまり洋食を好まない人ならこちらを選ぶのが良いかもしれません。中華料理を選べないのは残念なところでしょう。

●一般の航空会社のようなメニューが選べる

家族で旅行をするときには大人もいれば子供もいます。好き嫌いもありますし病気で食事制限をしている人もいます。中国の航空会社ではいろいろなメニューから選べる会社もあります。まずは一般のメニューです。それ以外に子供用のメニューがあります。肉類などが食べられない人のためにベジタリアンメニュー、そして塩分を制限されている人のために減塩メニューも用意されています。出発前までに予約をしておくとそれらにチェンジしてもらえます。

●飲茶のような機内食を食べられる飛行機

日本でおやつと言えば甘いものを考えます。世界的にも同じでしょう。中国でも甘いものはあります。でもおやつだから甘いものが出てくるわけではありません。こちらの習慣では飲茶がありお茶と一緒にちょっとした食事をすることがあります。航空会社を利用して機内食を見ると飲茶のようなものが出てくることがあります。餃子であったり肉まんのようなものになります。日本でも見かけるものなので本場の飲茶を楽しむ気分になれるでしょう。

●中国の航空会社の飲み物はあまり冷えていない

日本でビールと言えばキンキンに冷えているものを想像するでしょう。
そしてそれこそがビールの醍醐味です。
そのため、冷蔵庫に入れてあるものを飲みますし、外に持っていくときはクーラーなどに入れます。
でも本場のドイツでは常温が一般的とされます。
中国の航空会社を利用して機内食を食べるときに飲み物なども飲むことができます。
この時にはあまり冷えていないことがあります。
それは中国の文化になるでしょう。こちらではあまり冷たいものを好まないので常温で飲むのが一般的です。