凄い!中国の航空会社のファーストクラス

●きれいなお皿に盛り..

凄い!中国の航空会社のファーストクラス

●きれいなお皿に盛りつけられた料理

飛行機の座席数はエコノミーが大半です。一部にビジネスクラス、さらに数が少ないのがファーストクラスです。ファーストクラスは座席数が少ないですがサービスがエコノミークラスとは異なります。中国の航空会社では見た目に食事が異なります。エコノミークラスだとパックをただ開いて提供されるようなものが出されます。ファーストクラスでは一般の料理店で食事をするようにお皿に盛り付けがされて出されます。メニューも豪華になります。

●機内食は量も豊富で満足することができる

飛行機に乗る時には機内食が出されることがあります。短いフライトだと軽食程度ですが、数時間もかかるフライトとなるとしっかりしたものを食べたくなります。中国の航空会社でエコノミークラスとなるといろいろと話題になります。ファーストクラスになると量が異なります。豊富なので満足することができます。日本から出発する便では日本風の味付けがされているので食べやすくなっています。中国風の味付けでもおいしく食べることができます。

●ボタンで座席の状態を変更することができる

飛行機のエコノミークラスは狭いうえにあまり座席を倒すことができません。
後ろの人にも気を使います。
中国の航空会社のファーストクラスを利用するともちろん座席を倒すことができます。
シートの操作は電動で行うことができ希望のボタンを押すと自動的にそれに適したように倒れてくれます。
着陸態勢、食事、睡眠などがあるのでそのボタンを押すとどんどん倒れていったり起き上がったりします。
座ったまま行うことができるので楽です。
移動時間のストレスは大きく影響するので、これなら旅先で思う存分楽しめますね。

●ファーストクラスなら空港でラウンジ利用

飛行機に乗る前には手続きがあるために待たないといけません。
時間がかかることもありますがあまり座り心地のよくない椅子に座ることもあります。
この時間長くなればなるほど苦痛です。
そういった所にもサービスが行き届いているのが中国の航空会社です。
利用するときにファーストクラスにすると空港ではラウンジを利用することができます。
ファーストクラスのチケットを持っている人しか利用することはできません。
これはならではのサービスということでしょう。
席はゆったりしていて飲み物などを飲むことができます。
出発まで時間があっても気にすることなく待つことができます。
長時間の移動だったりするとこういったリラックスタイムが疲れを軽減してくれます。

●余裕をもった旅にしたいなら

エコノミークラスは狭くて席によっては身体を折りたたまないといけないこともあります。
余裕があればビジネスクラスやファーストクラスを利用したいと考えることもあるでしょう。
中国の航空会社であれば料金的に利用できる場合もあります。
座席はかなりゆったりしたタイプです。
幅広いですから隣の人を気にすることはありません。
しっかりと足を延ばすことができます。
長時間移動してもあまり疲れずにフライトを楽しむことができます。
背もたれもそれなりに倒すことができます。