凄い!中国航空会社の圧倒されるすばらしさ

  • 最近渡航本数が多くなりつつある中国の航空会社

    ●中国に観光へ行くには上海

    その文化や歴史、料理に魅力を感じ、いざ行こうといっても世界で3番目に広い土地です。
    歴史が古い中国へ旅行に行く人が多くなっていて、日本人に関わらず世界中で人気のスポットになっているのが上海になります。
    租界時代の歴史建築が見事な外灘がありますし、また上海には有数の繁華街でショッピングを楽しむことができます。
    独特の歴史がありますので、ヨーロッパの影響を受けている町並みがありますので、おしゃれな雰囲気を醸し出しているのも、上海の魅力になっているといえます。
    観光で中国にいくなら、上海の他にも庶民的な雰囲気の豫園商城に向かうこともお勧めです。

    ●インターネットや電話予約もできます

    いまでは簡単にチケットをとることができますが、昔は店頭まで行かないといけなかったのです。
    中国へ行く航空券を購入する方法は最近では主にふたつです。
    ひとつはパソコンやスマホからインターネットで購入です。
    ふたつめは予約センターに電話です。
    インターネット経由だとチケットが安くなったりするので安くゲットすることもできますし、また仕事で忙しくてという方も24時間いつでもオンラインになっていることから、簡単に買うことができます。
    そして、インターネットが苦手な人は、電話で予約をすることができるのも、わからないことを聞きたい人にとってはすぐに対話ができるので安心です。

    援用 | 格安海外航空券 http://skyticket.jp/international-flights/
    05PHBD05
    ●旅行代理店で相談できます

    インターネットの予約や電話予約が苦手な人は、旅行代理店で直接話を聞くことができます。まだ旅の計画が立っていない人では、旅行代理店で話を聞くことによって、大まかな旅の計画を立てることができるのもメリットです。時間割ができることによって、中国の旅のルートを決めることができますし、人数が多い場合にも安心して相談をすることができるのも心強いといえます。航空券を購入するには、これらの方法がありますので自分で選ぶことです。

    ●航空券の支払いについて

    航空券というのは、やはり金額が気になるところですが、なるべく安くしていきたい人はweb予約をすることがお勧めです。ラクラクに予約できますし、間違いなく席を取ることもできます。またインターネットでの予約に不安がある人でも、メールにて確認がきますのでいつでも安心できます。クレジットカードでの支払いはもちろん、自宅近くにあるコンビニで、支払いができるシステムにもなっていることから、お金のことは問題ありません。

    ●航空券と機内サービス

    航空会社によってサービスが異なりますので、自分で選んだ航空会社の確認をしておくことでトラブルなども避けることができます。飛行機のシートの状態をインターネットの写真で確認することもできますし、座り心地なども感想をみることができます。旅の疲れを残さないようにするには、帰りの飛行機の中も重要になりますので、航空券と一緒になって確認をしておくことです。中国は近いようで遠い国ですから、航空券は旅行に行く時には必要不可欠といえます。

  • 意外!?中国の航空会社の機内食はおいしい?

    ●日本の感覚よりも少し辛い味付け

    日本で東京と大阪ではうどんのだしが違うといわれます。東京だと少し濃く大阪だと薄く感じるかもしれません。関東地方は少し濃いめなので辛いと感じることもあるでしょう。中国の航空会社の機内食では洋食が一般的に出されます。ただし現地で作られた料理なのでそれなりに現地の味付けが施されています。ですから日本人からすると少し辛いと感じるかもしれません。塩辛いのではなく唐からしなどの辛味です。食べられないほどではありません。

    ●上位のクラスだと和食を選べることがある

    日本の航空会社なら洋食と和食が選べることがあります。日本人しか和食を選ばないわけではなく外国人も和食を選ぶことがあります。世界で人気のメニューといえそうです。中国の会社の場合は機内食は通常は洋食になります。そして上級のクラスの場合にはそれ以外の食事を選ぶことができます。和食も選ぶことができます。あまり洋食を好まない人ならこちらを選ぶのが良いかもしれません。中華料理を選べないのは残念なところでしょう。

    ●一般の航空会社のようなメニューが選べる

    家族で旅行をするときには大人もいれば子供もいます。好き嫌いもありますし病気で食事制限をしている人もいます。中国の航空会社ではいろいろなメニューから選べる会社もあります。まずは一般のメニューです。それ以外に子供用のメニューがあります。肉類などが食べられない人のためにベジタリアンメニュー、そして塩分を制限されている人のために減塩メニューも用意されています。出発前までに予約をしておくとそれらにチェンジしてもらえます。

    ●飲茶のような機内食を食べられる飛行機

    日本でおやつと言えば甘いものを考えます。世界的にも同じでしょう。中国でも甘いものはあります。でもおやつだから甘いものが出てくるわけではありません。こちらの習慣では飲茶がありお茶と一緒にちょっとした食事をすることがあります。航空会社を利用して機内食を見ると飲茶のようなものが出てくることがあります。餃子であったり肉まんのようなものになります。日本でも見かけるものなので本場の飲茶を楽しむ気分になれるでしょう。

    ●中国の航空会社の飲み物はあまり冷えていない

    日本でビールと言えばキンキンに冷えているものを想像するでしょう。
    そしてそれこそがビールの醍醐味です。
    そのため、冷蔵庫に入れてあるものを飲みますし、外に持っていくときはクーラーなどに入れます。
    でも本場のドイツでは常温が一般的とされます。
    中国の航空会社を利用して機内食を食べるときに飲み物なども飲むことができます。
    この時にはあまり冷えていないことがあります。
    それは中国の文化になるでしょう。こちらではあまり冷たいものを好まないので常温で飲むのが一般的です。

  • 中国の航空会社独自調査ランキング

    ●お隣の国、中国は見どころ満載の国

    中国と言えば、経済成長目覚ましい活気に満ちた国です。旅行となると、お隣の国なので、ヨーロッパやアメリカに比べると、近すぎて見落とされがちです。でも、世界有数の面積と人口、そして歴史を持つ国ですから、旧所名跡の数はほかに類をみないほどです。また食文化も世界に冠たる物です。その種類の多彩さと豊かさは一度経験したら病みつきになります。日本からの距離の近さも、大きなメリットです。沿岸部であれば、3時間から5時間の移動時間で現地に到達できます。トラベルには最高の国だと言えます。

    ●中国旅行では、航空会社を吟味しよう

    中国のみならず、海外旅行では空の旅が主流です。航空券を入手する際は、航空会社をよく吟味する事が大切です。距離の近い国だからこそ、航空会社のサービスを選ぶ意味があります。空の旅の一番のポイントは、その飛行時間にあります。飛行時間が長いほど、疲労がたまり、精神的にきつくなりますから、機内のサービスもある程度の物が必要になりますが、短い飛行時間であれば、必要のないサービスは排除してコスト面にフォーカスする事も可能になります。

    ●近いからこそ格安航空券を上手く利用しよう

    距離の近さというメリットによって、ヨーロッパ等の遠方の国に比べて、格安航空券を利用する意味がよりあると言えます。LCC(LowCostCarrier)は既に世に浸透していますが、最大の売りはその価格の安さです。引き換えに、サービスは限定されますが、近距離であれば機内での、肉体的精神的負担は少なくすみますから、過剰なサービスは必要無いわけです。裏を返せば、必要なサービスにのみお金を払えばよいという事になります。

    ●格安航空券を利用するなら、条件を確認してから

    LCCを利用すれば、国内旅行の運賃よりも安く海を越える事もあるのですが、注意点もあります。LCCはその価格を維持する為に、非常にシビアなコスト削減と効率化を行っていますので、従来の航空会社に比べて融通が利かない場合も多々あります。キャンセルや搭乗便の変更ができない場合や、貨物のオーバーウェイトにシビアであったりします。航空券購入の前に、よく条件を確認しておく事は無用なトラブルを避ける為に必要です。

    ●WEBを利用して、より効率的に

    最近の航空会社は、ほぼ全てホームページを持っていますし、「航空券」「中国」と検索すれば条件ごとにチケットの情報が表示されます。空の旅は、ネット無くしては成り立たなくなったと言っても過言ではありません。ネットを利用する事によって、時間、手間、コストの無駄を軽減する事ができます。中国はこれからも成長を見込まれる巨大な市場ですから、日本人も渡航する機会は増えていくと予想されます。より安く、効率的な空の旅を実現すべく、ネットを上手く利用する事がキーポイントです。

  • 中国客室乗務員の航空会社比較

    ●アジア最大規模の南方航空

    中国国内にある航空業界には、数多くの航空会社が存在しています。
    まずは大きく分けて4つあります。
    中でもアジアで最大規模を誇る南方航空が有名です。この航空会社と資本提携しているのは、アモイ航空、河南航空、珠海航空、貴州航空、重慶航空、スワトウ航空になります。2014年時点での売上高は1085億元、旅客運輸量は約1億90万人を超えています。

    ●中国で第2位の東方航空

    南方航空に次いで国内で第2位の規模である東方航空は、2014年時点で売上高901億元、純利益は41億元となっており、旅客運輸量は約6600万人で、世界の航空会社の中でも7位の旅客数となっています。
    近年ではさらなる規模の拡大を図っています。
    東方航空と資本提携しているのは、上海航空、中国貨運航空、中国連合航空、上海国際貨運航空、幸福航空の5社となっています。

    ●中国で第3位につける中国国際航空

    中国で第2位の東方航空の次に位置する規模である中国国際航空。
    実績としては、2014年時点での売上高は1058億元で純利益が38億元です。
    そして、旅客運輸量は約5400万人を超える国内で第3位の航空会社になります。
    この規模は世界でもトップクラスです。
    また中国国際航空は、キャセイパシフィックや深セン航空など様々なところと資本提携を結んでいます。

    ●中国国内で第4位の海航集団

    南方航空、東方航空、国際航空の次に来るのが、国内で第4位の規模になる海航集団です。2014年時点での売上高は360億円となっていて、純利益が20億元、旅客運輸量は3500万人を超えている航空会社になります。海航集団と資本提携している航空会社は6社あり、香港航空、天津航空、祥鵬航空、中国西部航空、北京首都航空、福州航空です。また、格安航空会社として唯一存在しているのは、春秋航空となっており、その他にも吉祥航空などの独立系航空会社が複数あります。

    ●中国航空会社の客室乗務員の対応

    これらのように、中国国内には非常に数多くの航空会社が存在していることが見て取れます。
    南方航空や東方航空、国際航空、海航集団と行った大手航空会社の傘下である航空会社が数多くあるので、利用する際には迷ってしまうことも多いでしょう。
    どの中国の航空会社にも言えることですが、他国の航空会社と比べて、以前は客室乗務員の対応に不満を持ってしまう方も少なくありませんでした。
    これは発展途上だったということもあると思います。
    しかし、現在では明るい笑顔で対応してくれるキャビンアテンダントも多くなり、接客対応も向上している傾向にあります。

  • 凄い!中国の航空会社のファーストクラス

    ●きれいなお皿に盛りつけられた料理

    飛行機の座席数はエコノミーが大半です。一部にビジネスクラス、さらに数が少ないのがファーストクラスです。ファーストクラスは座席数が少ないですがサービスがエコノミークラスとは異なります。中国の航空会社では見た目に食事が異なります。エコノミークラスだとパックをただ開いて提供されるようなものが出されます。ファーストクラスでは一般の料理店で食事をするようにお皿に盛り付けがされて出されます。メニューも豪華になります。

    ●機内食は量も豊富で満足することができる

    飛行機に乗る時には機内食が出されることがあります。短いフライトだと軽食程度ですが、数時間もかかるフライトとなるとしっかりしたものを食べたくなります。中国の航空会社でエコノミークラスとなるといろいろと話題になります。ファーストクラスになると量が異なります。豊富なので満足することができます。日本から出発する便では日本風の味付けがされているので食べやすくなっています。中国風の味付けでもおいしく食べることができます。

    ●ボタンで座席の状態を変更することができる

    飛行機のエコノミークラスは狭いうえにあまり座席を倒すことができません。
    後ろの人にも気を使います。
    中国の航空会社のファーストクラスを利用するともちろん座席を倒すことができます。
    シートの操作は電動で行うことができ希望のボタンを押すと自動的にそれに適したように倒れてくれます。
    着陸態勢、食事、睡眠などがあるのでそのボタンを押すとどんどん倒れていったり起き上がったりします。
    座ったまま行うことができるので楽です。
    移動時間のストレスは大きく影響するので、これなら旅先で思う存分楽しめますね。

    ●ファーストクラスなら空港でラウンジ利用

    飛行機に乗る前には手続きがあるために待たないといけません。
    時間がかかることもありますがあまり座り心地のよくない椅子に座ることもあります。
    この時間長くなればなるほど苦痛です。
    そういった所にもサービスが行き届いているのが中国の航空会社です。
    利用するときにファーストクラスにすると空港ではラウンジを利用することができます。
    ファーストクラスのチケットを持っている人しか利用することはできません。
    これはならではのサービスということでしょう。
    席はゆったりしていて飲み物などを飲むことができます。
    出発まで時間があっても気にすることなく待つことができます。
    長時間の移動だったりするとこういったリラックスタイムが疲れを軽減してくれます。

    ●余裕をもった旅にしたいなら

    エコノミークラスは狭くて席によっては身体を折りたたまないといけないこともあります。
    余裕があればビジネスクラスやファーストクラスを利用したいと考えることもあるでしょう。
    中国の航空会社であれば料金的に利用できる場合もあります。
    座席はかなりゆったりしたタイプです。
    幅広いですから隣の人を気にすることはありません。
    しっかりと足を延ばすことができます。
    長時間移動してもあまり疲れずにフライトを楽しむことができます。
    背もたれもそれなりに倒すことができます。